幸せな一生 2015年5月20日[水]

事情あってあるダイエットサイトを閉鎖することにしたので、引っ越ししています。ここで、約8Kgの減量に成功しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妹の旦那さんの葬儀に参加してきました。

中央道が工事渋滞で大幅に遅れ、残念ながら通夜には参加できなかったのですが、葬儀の方には参加しています。

妹が忙しい最中、思い出しては泣いているのではないかと想像していましたが、終始笑顔でした。

それどころが、出棺のとき、彼の妹さんと私の母親(もらい泣きの名人なのだ!)が少し泣いたけれど、それ以外は誰も泣かなかった葬儀でした。

父親が亡くなったときはかなり泣いたし、引きずっていたわけなので、恋愛結婚でもないし、血がつながっていないとそんなものかなあ、という見方も成り立つのですが、死という誰もが通らなければならない不幸を迎えたという以外、幸せな一生だったからだとも思えたのでした。

妹の方は好きで結婚したわけではないけれど、それでもたくさんの見合い相手の中では「この人かな」という思いがあったわけだし、旦那さんの方は「Sさんといると安らぐ」と言って、交際中も結婚してからも喜んで妹とどこでも一緒に行っていたわけです。

目立ったところはない人でしたが、競馬(経済を破綻しない程度にやっていたようです)、天体観測、野鳥観察、写真、鉱物採取などの趣味を淡々と楽しんでいた人でもあり、結婚前に愚痴ばかり言っていた妹が明るくなったのも、この人のおかげかな、と思えるのでした。

妹はクリスチャンですが、親戚の手前仏式(真言宗)で行いました。最近のお経は一部意味がわかるようなくだり(諸行無常、生者必滅会者定離など)もあるのですが、意味のわからないものがやはり多く、故人の生涯を本当にしのぶくだりもなく、出席者同士で知らない人と紹介しあうこともないーせっかく忙しいなか、中には遠方はるばる来てくれている人もいるのだから、故人の略歴や思い出を少しでも流すーそういう企画があってもいいのではないかな、と思いました。

私があることを思うと、何年か後に実現しているという傾向にあります。もしかしたら、私が亡くなるころ(縁起でもないが)には、そういう企画が一般的なことになっているのかも知れませんね。

* 日曜日に上高地へ行った日記をこの前の日記としてUPしたので、よかったらそちらの方もご覧くださいね。

58.3 kg 36.2 %

#FF14 )夏ですね〜

夏は海かプールで浮きたくなりますよね〜。

・・・・・・早く20日になりませんかね。

広告を非表示にする

第9回総選挙まとめ選挙前のライブは中止

第9回総選挙まとめ選挙前のライブは中止。ツアー、チケット代は全額返金。開票イベントは決行。但しファンが見られる環境はなくテレビ中継のみで行う。対応策として各劇場にてビューイングを行い、開票イベントを中継。テレビ中継は今まで通りフジテレビにて放送。

『完全自殺防止マニュアル』

【贋怪談徒然日記(2564)】

★某月某日

うちの町内が修羅場だった話

数年前に町内で連続不審火が発生した事があった。

ボヤ程度〜半焼まではいかないけど1/3が焼けてしまったもの位のやつが十数件。

大体がボヤで済んでしまっているから地方の新聞の片隅にちょこっとしか載らなかったけど。

容疑者は町内のネットワークにより早々に特定されてはいたんだけど精神的にアレな人だった。

ボヤが出た家の裏側から逃げていくのを目撃されたり、

常に液体の入ったビンを持ち歩いてたりしてこいつしかいねーだろってかんじだったんだけど、

現行犯じゃないから捕まえられないと警察は言っていた。

犯行時刻が深夜0時から1時あたりに集中していたため、

警戒した町内の皆さんがわざわざその時間に犬の散歩したり気をつけてはいた。

んで、ある日妹と犬の散歩をしていたら、ガタイのいいお兄さんが数人と銀色のバッグ(ジュラルミンケースってやつ?)を持ったおっさんが物陰に隠れていた。

何だこいつらと思っていたら、小声で「騒がないでね、騒がないでね」と言ってきたのでなんか怖くて犬とともに固まってたら突然、

「今だ!今だ!今だ!確保確保!!!」と言いながら私たちの横をすり抜けて行った。

まったく気がつかなかったがちょっと前方で放火魔が火を点けていたらしい。

速攻で放火魔は待機していたパトカーに突っ込まれ連行されていった。

犯人はやはり皆に特定されていた人物だった。

犯人は家族が寝た後に犯行を行っていたため、家族は誰も気がつかなかったらしい。

精神的にアレな人だったため、堀の向こうに行くことはなく入院ということになったがさすがに家族は隣の隣くらいの町に引っ越した。

これで終わってくれりゃいいんだけど、数ヶ月で退院できてしまったらしく今度は引っ越した先で連続不審火が発生してた。

こういうのって死ぬまでやめらんないもんなのかね。

Mさんからの投稿。

★某月某日

自殺予防の専門家の間で「あれはアカン」と問題になっているのが「命の授業」とかいう、助産師呼んだりして「いかに命が大切か」をキラキラ語る授業。自殺する背後にある問題を考えず、道徳の問題にすり替えてしまっている。その話きいて、「命の授業」の気持ち悪さがやっと腑に落ちた。

Tさんからの投稿。

★某月某日

完全自殺マニュアル』に対抗して出版された『完全自殺防止マニュアル』てのが有名人たちの死にたい時もあったけど生きててよかったよ!みたいなメッセージが延々続く内容で読んでるだけで死にたくなれる素敵な本だったなぁ。

Yさんからの投稿。

■安倍正恩【安倍大悪党】を沈める第3の矢

「組織犯罪処罰法改正案」、別称「安倍凶悪罪」を成立させ、後は、メールはあったけれど「内容が違う」等と適当な切り返しで、国会閉会に持ち込み幕引きを図り、逃げ切ろうとする。

森喜朗を超えた、史上最強のバカ総理。

「もり蕎麦」「かけ蕎麦」問題で、何とか逃げ切りを図ろうと必死。

今回の加計メールの件。安倍は、自分にとって都合の悪い人間を、支配下にある秘密警察を動員して、殺すと思ったら、そこまではしなかったな。

その代わり、自分の不始末の尻拭いをさせるべく、文科省高等教育局女性課長補佐(33歳)が、問題となった文書を作成、流出させたとして内閣府に圧力を掛けさせている。

一連の国民を舐めきったやり方に、世論がいつまでも安倍の重い通りにおとなしくしている事は出来ないだろう。

来る、東京都議会議員選挙では圧勝等と「絵に書いたバカな餅」を見ているような気分でいるらしいが、自民は必ず敗北する。

そして「安倍+菅+山口準強姦罪逮捕状もみ消し」の追求が、次回の国会開会後に本格的に始まり、これが安倍の致命傷になる。現在の全ての対応は単なる、姑息な時間稼ぎに過ぎない

安倍+菅、まとめて政界から片付けるなら【山口準強姦】が最強。

■これが、安倍大悪党退治へのトドメ。奴らが最も恐れる事案。

山口⇒菅⇒安倍⇒中村格刑事部長(当時)電話1本で、準強姦罪の逮捕状が破棄された

http://kenpo9.com/archives/1559

http://lite-ra.com/2017/05/post-3206.html

http://lite-ra.com/2017/05/post-3203.html

■最近、菅のツラが引き吊っている訳

“安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力。

逮捕寸前に中止命じた警察官僚は【菅官房長官の右腕】

http://lite-ra.com/2017/05/post-3146.html

「総理の意向」文書存在と公表

体重が増えてきました!

昨年の10月から入退院を繰り返して最終的には3月1日に背骨と腰椎を安定させるために何本ものボルトで固定するための手術をしました。退院後も、そのため大量の薬を飲んでいましたが、薬の副作用で血小板が27,000まで減ってしまいました。

この数値はものすごく危険な状況だそうです。通常は、血小板の数は150,000〜350,000の範囲でなければなりません。それが、50,000を切ると手術もできないほど危険なのです。それがなんと27,000ですのでいかに恐ろしいことかがわかります。

そこで、薬の服用をすべて中止しました。ところが、その結果今までに体重が増えなかったのが、1か月ほどで63キロ台から64キロ台に1キロも増えてしまいました。

それが昨日初めて55.0を記録しました。この分だとあと半年もすると以前の60キロになってしましそうです。大いに気を付けないと。